学生 借金 利息

お金を借りる場合に金利や利息を比べてみることは必要である

お金を借りる場合に比べてみることは必要であると言えますが、比べる条件として一番重要なのは金利や利息がいくらなのかという事です。

 

借り入れるお金があまり多くなく短い期間で返していけるなら金利以外の条件を重視するのもいいですが、長期間返済するときや金額が多いときにはなるべく低金利を選択するべきです。

 

学生 借金をしたことがあるオトモダチからその経過についてを聞きました。月々がずいぶん楽になったそうでやはり金利が安いほうが得だのだな、と、興味深かったです。

 

少しだけの借金がしたいけれど、学生借金の出来る最低の金額って、一体どれぐらいからなんだろう、という人も多いのではないかと思います。答えとしては一般的に個人融資による学生 借金の最低金額は、1万円ということになっていますが、千円単位から申し込みできる金融サービスも存在します。

 

金利と利息〜その違いとは?

 

金融機関でお金を借りるならば、キャッシングやカードローンに関連する専門用語の意味は最低限知っておくべきと言えるでしょう。中には同じような言葉で意味も似ている言葉もあります。

 

たとえば「金利」についてです。金利に関連した言葉で「利息」という言葉もあり、明確にその意味を知るには、多少でも調べてみることが大切でしょう。

 

 

学生が借金する際の金利の意味とは?

 

お金を借りる場合に利息や利子を比べてみることは必要である
お金を借りると当然のことながら、金利が付きます。もちろんのことですが、大学生専門学生、たとえ高校生であっても金利は無視できません。お金を貸すことを業務としている会社は、この金利を利用者から貰うためにお金を貸しているのです。

 

個人が個人にお金を貸す場合には、その目的が利益を得る為ではないので、無利子無利息で貸すことも多いと思います。プロミスやアコム、レイクなど大手の消費者金融では30日間無利息サービスなどを行っているところもあります。(30日間無利息サービスについての詳細サイト→30日間無利息で一番おすすめはココ!【無金利で借りる】

 

目的が利益を上げる為の金融会社の場合には、必ず金利を取ることになります。金利は「年利」とも言われ、1年間ずっと借りていた場合にどの位の金利になるのかということで、一定の数字が決められています。

 

金利については、利息制限法で定められている基準に沿った数字を設定しています。その基準では、10万円未満の融資には20%、10万円以上100万円未満なら18%、100万円以上なら15%が上限の金利となっています。

 

利息制限法の他にもう1つ金利の基準となる法律があります。「出資法」という法律で上限金利は、以前は29.2%と定められていました。出資法は利息制限法と違い罰則が設けられていたので、強制力のある法律となっていました。
(参考:出資法

 

一頃、グレーゾーン金利の為に過払金が発生したことがありましたが、多くの金融会社がこの2つの法律の上限金利を上手く利用したことで、そのような事態となってしまいました。今は利息制限法も出資法も上限金利は同じで20%となっています。

 

 

利息や利子の意味とは?

 

上記の金利は利率や年利といった「率」を示した数字でした。利子とは、借入金額に金利となる数字を乗じた結果のことを言います。単位の表記も違っていて、金利は「%」で表し、利子は「円」で表します。

 

したがって、金利とは利子を計算する為の一定の基準ということになります。また借入金額を「元金」と呼びます。

 

計算式で表すならば、「元金×金利=利子」ということになります。もちろん1年未満の日数の利子を計算する場合は「日数/365日」を上記の式に乗じることになります。通常は1か月ごとの利息を計算し、毎月の元金と一緒に支払うことになっています。利息が多いと、支払う元金の割合が低くなるので、いかに初めのうちに元金を減らすかにより、利息を節約できるかどうかが決まってきます。学生が借金をするときでも利息や利率は基本的に同じなので、興味のある人は調べておくとよいでしょう。

 


学生にオススメの借金はココ!安心人気のキャッシング