学生 借金

学生さんが安心してお金を借りられるサービスは?!

女子大生がスマホで借入申込をするイメージ

大学生や専門学生の方でも、お金を借りる=借金をするというケースは意外とたくさんあるものです。

 

しかし、いざ借金が必要となった時に学生だから借金はできないんじゃないの?と思われる人がいますが、大丈夫です!学生さんでも社会人の方と同じように申し込みができて、お金を貸してくれる大手サービスがあります。

 

学生さんがお金を借りる条件として・・・

 

学生であっても、

  1. 満20歳以上
  2. アルバイトなどで安定した収入のある人

でしたら、社会人と同じく、キャッシングやカードローンの申し込みは可能です。

 

学生が借金をするならどこが一番人気?

そこで学生の方にオススメなサービスとして、大手のプロミスが挙げられます。

 

低金利

金利面でも、よくある学生ローン金融と比べて低金利ですし、契約手続きもパソコンやスマーフォンから申し込んで、契約完了までできるのは大きな強みです。

 

内緒で借りれる

WEB完結で郵送物なし!カードレスも対応しているので、親にばれにくい!
プロミスが大学生や専門学生などのキャッシング先として人気の理由は「個人情報の保護を徹底しているという点」です。これはつまり、知り合いや、学校、親などに借金の申込みの事実を内緒で手続きできるということです。

 

このような理由から、学生がお金を借りるなら、まずはプロミスで審査を受けてみようという方が非常に多いのです。

 


◎→借り入れできるか3秒診断のプロミス公式サイトはこちら

学生はキャッシングで借金できない?

学生であっても

  • 「満20歳以上であること」
  • 「安定した収入があること」

という2つの条件を満たせばキャッシングでの借金申込みは可能です。大手の消費者金融で融資を受けたい時、基本的には2つの条件をどちらともクリアしていれば申込みをすることができます。

 

20歳に達していない未成年はキャッシングができない他、20歳以上の学生であってもアルバイトなどの収入が無い場合は同様となります。

 

アルバイトをしていれば誰でも審査に通る?

 

学生でもアルバイト収入があればキャッシングは可能ですが、ただしある程度の勤続年数も審査の1つとなっています。アルバイトを始めたばかりの場合は審査に通らない場合もあるようです。最低でも1年程の年数が必要になる場合が多く、「安定収入」には年収以外にも一定の条件があるようです。

学生が借金をする理由とは?

学生がまとまったお金を必要とする理由としては、欲しいモノの購入や生活費、学費などが挙げられると思います。

 

欲しいモノがある時、どんなことをしても欲しいと思うでしょう。アルバイトの給料で捻出できない時、借金に頼ることもあるでしょう。その場合にはどんな理由で借金をするにせよ、計画的に借りることが必要になります。

学生が借金したいと思う理由は人それぞれ

学生でもちょっとまとまったお金が必要になることもありますよね。

 

ある程度の金額ならアルバイトの給料などで親に頼らなくても何とかなる場合もありますが、以下のような理由がある場合には「とにかくお金借りたい!」と思うかも知れません。

  • 学生でも車が欲しい、中古車購入の頭金が足りない
  • 学生主催のダンスパーティーに参加したい
  • 学生のうちに英語をマスターしたい
  • 一人暮らしの資金が必要、学生のためお金がない

学生がお金欲しい、できれば何処かでお金借りたいと思う理由は人により違いますし、人それぞれと言えますよね。

 

そんな時に頼れるのがキャッシングやカードローンであり、20歳以上でありバイトであっても安定した収入があればキャッシングサービスでの借り入れが可能です。

 

リボ払いと住宅ローンについて

リボ払いは、アルバイトの給料でも十分に捻出できる金額が毎月の返済額となります。その為に欲しい物を次から次へと購入してしまい、代金の支払いは毎回キャッシングに頼ることになる可能性もあります。そのような状況になると、まだ学生の内から債務整理をすることになる可能性が高くなります。

 

この時期に債務整理をすると、自己破産では最長で10年間は借入やローンの契約ができなくなり、将来の社会生活に大きく影響を及ぼすことも考えられます。住宅購入の際には住宅ローンを、車の購入ではオートローンを組むこともできなくなります。

 

生活費を学生ローンから借金するのはオススメしません

また生活費や学費を借りたいという理由ならば、学生ローンや教育ローンの利用、親からの借金を考えた方が良いでしょう。その他奨学金制度を利用する方法で教育費を捻出することもできます。いずれも金利は掛かりますが、消費者金融を利用するよりも低金利である為に支払う利息を少なくすることができます。

 

リボ払いにより発生する利息は、借入金額が大きいほど膨らむようになります。金利についても数%の違いで大きな利息の差が出ます。
借入金残高に対して返済金額が少ないと元金の返済率が下がるので、返済期間も長くなります。この場合には専用ローンの利用を検討すると良いでしょう。

 

金融機関からキャッシングするなら返済計画が必須

親に相談することができない、または親からお金借りれない場合には、金融機関からお金を借りるしかないこともありますよね。

 

ただしこの場合には審査に通らなくてはなりません。
そのため、キャッシングの申込後に審査結果が通知されるまでは心配になったり、借りる時には必要な金額に留めておこうなど、色々なことを考えるものと思います。

 

それでも審査に無事に通ることができて、借入限度額が与えられると、その金額まで利用できるという安心感が起きると思います。

 

それでもそれは自分の銀行口座からお金をおろすのとは違い、あくまでも借金なのです。借りたお金は必ず返済する必要があるため、キャッシングする時には常にそのお金を返す方法を考えておくべきです。

 

それには返済計画が必要であり、それぞれのキャッシングサービスのホームページで利用できる「返済シミュレーション」の活用が必須となります。

 

そこでは主に2つのことを基本にした返済計画が立てられるようになっているのです。

  • 毎月の返済額
  • 返済回数

毎月どのくらいの金額なら返済が可能か、または何回払いで返済を完了したいかなどを考える時に返済シミュレーションはとても役に立ちますので、余裕のある時の繰上げ返済も含めた計画的な利用に活用してみることをおすすめします。

 

学生ができるお金を作る方法

20歳以上の学生ならば借金以外にもお金を作る方法は他にもあります。

  • 短期でバイトをする
  • 自分の物を売る

このような方法なら借金しなくても比較的今すぐお金を作れるかも知れませんね。

 

このような方法でお金を作り出してみて、それでもまだ不足するようならば、親への借金の申し込みをする、それもダメならば最終手段としてキャッシングを利用するという順序が、お金の工面の方法としては望ましいと言えるでしょう。

 

学生が借金をする前に考えたいことは?

学生でもアルバイトをしていれば借金は可能です。それだけに気付くと返済できないくらいに借金が膨らんでしまっているというケースも少なくありません。

 

学生が借金をすること自体は、金融機関の提示する一定の条件を満たし信用情報に問題がなければ可能ですが、それでもその借金が本当に必要なのかをもう一度考得てみることも大事ですよね。

 

学生であっても成人しているアルバイト学生ならば、借金は可能になります。安定した収入が必要になる為、ある程度の勤続年数が必要になりますが、その条件をクリアしていれば必要なお金の捻出が可能になります。それでも利用をする時にはどんな理由でお金を借りるにせよ、計画的な使い方を考える必要があります。

借金をするなら安心できる大手からが必須

大学生が構内でキャッシング申し込みをしている

街中の消費者金融の看板表記の中に、無担保、無審査でお金を貸しますと表記された広告をみかけますが、これは法にひっかかる金融業者ですから、お金を借りてしまうと、法律で定められている以上の高い金利を払わされますから、気をつけて下さい。

 

 

キャッシングで借り入れを申し込むときの最低条件

専業主婦や無職といった収入のない場合にはお金を借りることは出来ません。同様に、学生の方でも、アルバイトなどで安定した収入がないと借り入れの審査に落ちるケースがほとんどです。返済能力があるとみなされれば借りれることも多いですね。

 

便利な借入方法のあるサービス

学生がお金借りる方法での学生 借金はインターネットで24時間手続ができ、時間帯によっては、すぐに審査結果が出ます。

 

使えるATMが全国にある為、コンビニエンスストアからでも簡単に現金がうけ取れます。

 

「WEB完結申込」を選ぶと、面倒な手続きなどを通さずに学生 借金の契約ができます。一部の金融サービスには電話も郵送もなしで手続き可能というところがありますが、大体は電話でのやりとりはあるようです。

 

学生借金の注意点とポイント

学生 借金は計画的に使えばとても便利ですが、綿密な計画を立てず、自分の返済可能金額を超える金額を借りてしまうと毎月の返済が覚束なくなったり、多重債務などに苦しむこともあり得るので注意することが重要です。借り入れ審査でNGが出る人は、基本的に稼ぎのない人です。

 

自分が稼ぎを得ているということが不可欠な条件ですので、その条件をクリアしていない人は利用不可能です。

 

絶対に収入を得てから申込みをするようにしましょう。それから、既に多くの借金があるというケースでも、審査に通る事はないでしょう。大学生の借金が提供している学生借金サービスを初めて利用される際は、最大で30日間の金利が0円となるサービスもあります。

 

スマートフォンでもキャッシングはできる

スマホで借金の申し込みをする大学生のイメージ

学生はスマホを持っているひとが多いです。そして消費者金融では、スマホでもキャッシングすることができます。パソコンでももちろん可能ですし、直接店舗に電話をして借入の申込をすることもできますが、スマホでスムーズに申し込みをすることで即日キャッシングできる可能性が高まります。iPhoneやAndroidどちらでもOKなので、スマホでキャッシングする方法を試してみてください。

 

スマホからも申し込みができ、スマホのアプリを使えば、書類提出が可能な機能がありますし、今いる場所から最も近いATMを検索することもできます。返済プランに必要な計算もできるので、計画的にキャッシングをすることが可能かも知れません。

 

 

どこから借金をするのか

 

借金する際、多くの人が誰に借りるのが一番良いのか迷ってしまいます。基本は、親族などの身寄りのある人または信頼してもらっている友人などから借りるべきでしょう。

 

キャッシングは借入れたお金を翌月の返済日に一度に返済します。ローンは自分が借りたお金を一度ではなく分けて相手に返していきます。給料が入るまでの間に合わせ的にキャッシングを利用することが度々あります。

 

キャッシングをしてはみたいけれどその仕組みがややこしそうなので遠慮してしまっているという人は少なくはないでしょう。

 

意外と仕組みはそう複雑ではないので一度思い切って申し込んでみては良いのではないでしょうか?ここ最近では、キャッシングも即日融資も可能なサービスがたくさんあるのでこれはオススメですよ。

学生さんが借り入れをするならまずは…プロミスがおすすめ!

 


◎→借り入れできるか3秒診断のプロミス公式サイトはこちら